お客さんにわかりやすいホームページとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お客さんにわかりやすいホームページとは

さてここまでで、しっかりとターゲットを絞り、その人たちに響くようにメッセージが書けたでしょうか?

「詳しく知りたい!」と思ってもらえれば、ホームページ内を詳しく見てもらえます

当然、講座概要や合格実績や講師紹介など、中身が充実したホームページになっているはずですから、そこは問題ないですよね。

では、そこからどういう行動を取ってもらいたいですか?

ホームページを見た人が取るべき行動は、

  • 問い合わせの電話をかける
  • 資料請求をする
  • 体験授業に申し込む

どれですか?

それが、お客さんにわかりやすくなっていますか?

お客さんが行動しやすくしてあげる

考えてもらいたいポイントは、あなたのホームページを見た人が、その行動を取りやすい構成になっていますか?というところです。

「問い合わせの案内」や
「資料請求ボタン」、
「お問い合わせフォーム」
などは一通り揃っていることが多いです。

しかし例えば「資料請求したい!」と思ったタイミングでお客さんの目の前に資料請求ボタンがある状態になっているでしょうか?

おそらく、資料請求したいと思うタイミングは、講座案内などのページを読み終えて「さらに詳しく知りたい」と思った瞬間ですよね。

であれば、講座案内ページのいちばん最後に資料請求ボタン、あるいは入力フォームがないと「良いページ」ではありません。

ページの最後に「お気軽にお問い合わせを!」と書いてあるのに、電話番号が見つからない。
ページの一番上までスクロールし直すか、トップに戻らないと電話番号がわからない。

そんなページはよくあります。

ホームページの目的を考えなおす

「なんのためのホームページか?」という問いをもう一度考えてみてください。
ページごとの目的に合わせて、ちゃんとお客さんにアクションしてもらえるようになっていますか?

あなたのホームページを見直してみましょう。
なお、ここでのポイントは
「1ページ1ゴールにする」
ということです。

1つのページに対して複数の行動を求めてはいけません。

また、取ってほしい行動をしっかり書くことも重要です。
「今すぐ下のボタンを押して資料請求を!」
「今すぐ体験授業のお申し込みをどうぞ!」
と、はっきり書きましょう。

せっかく興味があるのに、どうしたら良いかわからないせいでお客さんを逃している。

これ、けっこうあるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小規模教室はコレしかない!最強の生徒集客法解説講座

無料メール講座

これからWebマーケティングを始めたい
あなたをサポートする会員限定メール講座
無料でプレゼント

今なら、こんな限定コンテンツがもらえます

「マーケティング」の基本を7日間で学ぶ
“小規模教室はコレしかない!最強の生徒集客法解説講座”

「生徒集客」の悩み…そろそろ解放されたくないですか?

少ない予算で継続的に集客し続けるための仕組みがほしい…

集客ってどうやるの?そもそもマーケティングってなに?

小規模教室が取り組むべきマーケティング理論の鉄則

基本中の基本からわかりやすくお伝えいたします。

Vol.1 マーケティングとは何か
Vol.2 小規模教室が行うべきマーケティング
Vol.3 DRMにおける「集客」とは
Vol.4 DRM最大のカギ「教育」
Vol.5 DRM「販売」と全体像
Vol.6 FE&BEマーケティング
Vol.7 FE&BEの具体的手法とまとめ

「マーケティング」の鉄則を知ると、何をするべきなのか明確になります。
1日に1つずつお届けしますので、空いた時間に5〜10分の時間を取って読むことができます。

  • 小さな教室の経営者

  • フランチャイズ教室オーナー

  • 自宅で習い事教室を開講している先生

  • これから自分の教室を開きたい方



学習塾・習い事などの教育ビジネスをされていて、
どうやって生徒集客すれば良いのかわからない方、そして
マーケティングを根本から見直したい方にピッタリです!

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*