ホームページはキャッチコピーが大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページはキャッチコピーが大事

あなたのホームページは、ありきたりな売り文句になっていませんか?

まずは前回お伝えしたとおりターゲットを絞り込めていることが大事です。

検索ワードに合わせて、ページでも対象をはっきり書いてあげると良いでしょう。

「○○中学校に通う1年生の皆さんへ」
「○○高校への合格実績No.1の学習塾」
「○○市内で個別指導塾をお探しのお母さん」

では、あなたの教室ページを見てくれた人が
「この教室に問い合わせてみよう」
と思うきっかけはなんでしょうか?

ページのデザインやコンテンツの見せ方、もちろん合格実績などの情報も大切です。

しかしやはり、ホームページの文章を読んで、興味が湧くかどうかが一番大事です。

あなたはどんな生徒が欲しいですか?
「成績を上げたい子」
「学校の授業についていきたい子」
「第1志望校に合格したい子」
だいたい、このような答えが多いです。

しかし、それは他の塾と何が違うのですか?
どの塾の先生も同じことを思っているのではないでしょうか?

「成績を上げる!」「第一志望校合格!」
なんてどこの教室も言っているので、実はお客さんにはちっとも響きません。

もっと具体的にイメージする

前回お伝えした「ターゲットの絞り込み」と同じく、ニーズをより具体的に絞りましょう。

「成績を上げたい」
→「平均点を取れるようになりたい」

「授業についていきたい」
→「中1の数学から理解しなおしたい」

「第1志望校合格」
→「偏差値40から○○高校を目指したい」

など、具体的であるほど響きます。

絞り込むと、どうしても来てくれるお客さんが減ってしまうのでは、と心配する方が多いです。
しかし実際は、具体的に書くことでそれと似た要望を持っている人も来てくれるようになります

生徒の悩みにフォーカスする

もうひとつは「ウチはこういう塾だ」でなく、ターゲットが抱えている悩みや解決したいことを先回りして発信することも効果があります。

そして、あなたの教室ではその悩みをどう解決するのかを、お客さんに理解しやすく文章で打ち出します。

「受験勉強はいつから始めるのが効果的?」
「これで英語は怖くない!○○式勉強法」

など、興味を引くコピーを打ち出しましょう。
その裏付けとなる事実や生徒の声、問題の解決法を解説しましょう。

ウチの教室ではこれができる!というだけではなく、お客さんが抱えている問題点をここでどう解決できるのか。
そのイメージを持ってもらうことで、実際の問い合わせにつなげていくわけです。

「ありきたり」を脱却しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小規模教室はコレしかない!最強の生徒集客法解説講座

無料メール講座

これからWebマーケティングを始めたい
あなたをサポートする会員限定メール講座
無料でプレゼント

今なら、こんな限定コンテンツがもらえます

「マーケティング」の基本を7日間で学ぶ
“小規模教室はコレしかない!最強の生徒集客法解説講座”

「生徒集客」の悩み…そろそろ解放されたくないですか?

少ない予算で継続的に集客し続けるための仕組みがほしい…

集客ってどうやるの?そもそもマーケティングってなに?

小規模教室が取り組むべきマーケティング理論の鉄則

基本中の基本からわかりやすくお伝えいたします。

Vol.1 マーケティングとは何か
Vol.2 小規模教室が行うべきマーケティング
Vol.3 DRMにおける「集客」とは
Vol.4 DRM最大のカギ「教育」
Vol.5 DRM「販売」と全体像
Vol.6 FE&BEマーケティング
Vol.7 FE&BEの具体的手法とまとめ

「マーケティング」の鉄則を知ると、何をするべきなのか明確になります。
1日に1つずつお届けしますので、空いた時間に5〜10分の時間を取って読むことができます。

  • 小さな教室の経営者

  • フランチャイズ教室オーナー

  • 自宅で習い事教室を開講している先生

  • これから自分の教室を開きたい方



学習塾・習い事などの教育ビジネスをされていて、
どうやって生徒集客すれば良いのかわからない方、そして
マーケティングを根本から見直したい方にピッタリです!

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*